食生活からでもアプローチ

食事改善でチンコを大きくできる?

手段というのはメンズサプリや増大手術だけではありません。食事や睡眠などの生活習慣を変えることにより男のチンコへ近づくことができます!

食生活で増大する!

食生活というのは、肉体はもとより細胞の土台になるものなので、増大を志すものとしては欠かせない項目です。

漢方系の食材やスーパーなどでうっていない強壮成分と呼ばれるようなものは普段の食事でも取り入れることができないと思います。

以上のような理由から、ここでは比較的手に入りやすくて食事にしやすいものを中心に紹介していきたいと思います。

脂肪分が少ない赤身の肉を食べる

牛肉や馬肉などの赤身の部分にはタンパク質が豊富に含まれていますし、ミネラルや鉄分なども豊富に含まれているので肉体を作るためには欠かせない食材です。

鉄分は血液の元となるミネラルですし、肉類に含まれているタンパク質にはアミノ酸が豊富に含まれているので言っても過言ではないでしょう。

ですが、脂質が多い肉は体脂肪を増やしてしまうのでできるだけタンパク質が豊富な赤身の肉がおすすめです。

体脂肪が増えると血行も悪くなることがあるので逆になってしまう危険性もあります。なので赤身肉がおすすめなのです!

豆腐などの大豆加工製品

納豆や豆腐などの大豆加工製品は脂質が少ないタンパク質をたくさん含んでいるので、チンコ増大を目指すものとしてはぜひとも毎日取り入れたい食事です。

また、納豆に含まれているナットウキナーゼという成分は血流を改善してくれる効果があるといわれています。

全身の血流が改善されると言うことは改善されると言うことなので、ギンギンさもパワーアップできるでしょう。

牡蠣

牡蠣はいろいろな海産物がある中で、一番亜鉛の含有量が多いといわれています。男性の性機能の向上に貢献してくれる亜鉛はたくさん摂取しておきましょう。

また、味覚細胞の向上や新陳代謝を上げたり、免疫力の向上に役立ったりと人体にいろいろな効果を発揮してくれるミネラルです。

スイカ

こちらのページでも紹介しているシトルリンは日本人がスイカの中から発見したアミノ酸です。

シトルリンも数ある食材の中でスイカが一番多く含まれているといわれています。キュウリなどの瓜類にもたくさん含まれているので、スイカがなくても取り入れることがしやすい成分です。

以上で紹介しきれなかった食材にも精力に効果を発揮してくれる食品はたくさんあります。

梅干しやウナギやアスパラなどが精力に効果的と言われています。大切なことはバランスよく毎日摂取していくと言うことです。

タンパク質がたくさんふくまれているからといって肉ばかり食べるのではなく、シトルリンが含まれているキュウリや亜鉛が含まれている牡蠣をたべるなどいろいろなものを同時に食べるようにしましょう。

厳密にすべての素材を食べようとすると毎日の食事が大変になってしまうので、肉を食べたら次の日は魚を中心に、その次の日は野菜を中心にと日替わりでとっていくとやりやすいでしょう。

長いスパンで上記で解説してきたような鉄分やシトルリンなどをたくさん摂取できるようにすれば近づくと思います。

熟睡できる環境

睡眠不足になると人体は疲労が回復しづらくなりますし、免疫力が下がったり、情緒不安定になったり、といろいろなトラブルが発生します。

他にも、睡眠時間が十分でも質が悪いと成長ホルモンの分泌量が少なくなったりするという面もあります。

睡眠不足は老化の原因にもなりますし、血行が悪くなったりストレスは勃起力の低下にもつながったり、中折れの原因にもなったりします。

では、睡眠の質はどうやってあげればいいのでしょうか。時間で言うと7時間以上の睡眠が大切です。

睡眠の質を上げるには睡眠をとればいいというわけではなく時間帯が大切です。22時から26時の間は成長ホルモンが分泌しやすい時間帯です。

この22時くらいに眠りに入るというのは人類が昔から獲得してきた睡眠リズムなので、成長ホルモンが分泌されやすいといわれています。

また、睡眠の直前までスマホなどの光をみていると、睡眠を誘導するメラトニンというホルモンが分泌されにくくなってしまうと言うデメリットもあります。

最低限として睡眠をとる1時間前くらいにはスマホなどをいじるのはやめておきましょう。正しい睡眠をとることでパワーアップにも貢献できます。

運動をする

普段から運動をしていないと、血流の循環が悪くなってチンコへの血流量も悪くなって遠のくという悪影響があります。

肥満の人で勃起不全の人は比較的に多いのはこういった理由からです。逆に言うと適度な運動を普段から心がけている人は夜の性生活も充実しているという結果がでています。

血流の流れをよくすることにより、細胞の血液が集まりやすくなるという好スパイラルな環境を手に入れることができます。

運動はジョギングやランニングなどの全身を使った有酸素運動がおすすめです。有酸素運動は全身への血流を増加してくれるという効果が期待できます。

有酸素運度は実はもってこいなのでせ。またスクワットなどの下半身を鍛えるトレーニングもおすすめでs。

精力増強以外にもセックス自体に体力が必要なので、間接的に夜の性生活を充実させることにもつながりますし、スクワットは勃起の筋肉をつかさどっているPC金という筋肉を鍛えることにもつながります。

アルコールをとらないようにする

確実に実現するためには食生活や運動の改善以外にもアルコールやタバコを控えるというのもおすすめです。

ここでは、お酒とタバコでそれぞれチンコにどういった悪影響を及ぼすのかを解説していきたいと思います。

お酒は血流促進効果があるので、飲み過ぎると悪影響があります。

アルコールを摂取しすぎるときに頭痛がおきるのは、解毒作用にエネルギーを使いすぎて他の健康維持機能に使うエネルギーが少なくなるからだと言われています。

また、過度なアルコール摂取はせっかく女性とベッドインしても、チンコが勃起しないという状態になることもあります。

女性と一夜をすごすためにはその前段階としてアルコールが必要と思いますが、適量をこころがけましょう。

アルコールの次にタバコですが、タバコを吸うと毛細血管への血流量がわるくなって、チンコへの血流量も悪くなると言うことがあります。

毛細血管の血流量が悪くなると言うことは、勃起力への悪影響も懸念されます。

お酒ものんでタバコも吸っている人が飲んでも効果が半減してしまうのでもったいないです。

お酒は適量にして、タバコはすわないようにすれば勃起力のパワーアップができるでしょう。

ペニスサイズは生まれつきなのか?

男の自信を大きくするためにはペニスが小さい原因を知りましょう。ペニスが小さい要因には以下の三つのものがあるといわれています。

生まれつき

ペニスが短小な原因の一つとして遺伝というものが考えられます。

生まれ持った体質というと身長のようにどうすることもできないと思いがちですが、全く違います。

ここでいっている遺伝というのは生まれつきペニスのサイズが決まっているということをいっているのではありません。

ペニスの大きさがそもそも決まっているのではなくて、ペニスの成長に欠かせない成分が体内で不足しがちになると言うことです。

身長や顔の見た目などのように遺伝であらかじめ決まっているわけではありません

筋力が不足している

おなかの下の方の筋肉が弱い人などがペニスが小さいと言われている原因はペニスにつながっている筋肉が不足しているからです。

ペニスというのはそもそも下腹部から伸びている筋肉とPC筋で基礎ができていて、その周りを海面体細胞で構成されているという構造になっています。

勃起というのは海面体細胞が血流を吸収して膨張することによりペニスが大きくなります。さらにペニスの根底の筋肉が緊張してペニスをつり上げるような形になることによりそそり立つペニスという形になるのです。

このペニスを構成しているPC筋と下腹部の筋肉が弱っていると、力強い勃起ペニスではなくへなへなしたペニスになってしまうということです。

筋肉が弱かったり太ったりしている人は、まず下腹部の脂肪分を減らすことによりペニスの筋肉を付けて勃起したときの大きさやギンギン具合を改善することができます。

ペニスに皮がかぶっている

包茎状態というのもペニスを小さく見せてしまっている原因の一つです。包茎というのはペニスの先端に皮が被っている状態です。

小さい子供の頃は亀頭が皮にかぶっているのは普通のことですが、大人になるにつれてじょじょに皮がめくれていって普通のペニスになります。

ですが、人によっては亀頭に皮が被ったままになり、通常時はもちろんのこと、勃起した状態でも亀頭に皮が被ったままの人もいます。

仮性包茎というのは、普通のペニスの時は皮が被っている状態で、勃起すると完全に皮が向ける状態のことをいいます。

真性包茎というのはその名の通り常に亀頭に皮が被っている状態のことを言います。

他にはカントン包茎というのもあって、皮の先端部分が細くなっていて、勃起すると亀頭を締め付けてしまう包茎のことをいいます。

上記のように包茎というのはいくつもタイプがありますが、すべてに共通していえることは皮が被っている状態のことをいいます。

亀頭に皮が被っている状態だと、亀頭や陰茎全体の成長を妨げてしまって、男の自信にはマイナス要因になるのです。

包茎のペニスと正常のペニスでは長さが1,2センチも違うというデータもあるくらいです。

包茎が原因の場合は包茎を治すことにより男の自信を大きくすることができるということです。